タイ 観光地 タイ旅行

短期間の一人旅ならプーケット!プーケット一人旅完全ガイド!

短い休暇で海外に一人旅行きたいけど、どかがいいのかな?

こんな悩みをお持ちのあなたへ。

短期間の一人旅なら…

プーケットがおすすめです!

「2泊3日くらい休みができたから一人旅でもしようかな…」

と考えているなら、プーケットがおすすめ!

プーケットはタイの南に位置するタイ最大の島で、タイでも有数の人気ビーチがあることで知られています。

プーケットの魅力といえば「エメラルドグリーンの海と真っ白い砂浜」と「たくさんの絶景ビューポイント」あとは「夜が更ければ更けるほど盛り上がるバングラ通り」でしょう!

もしあなたが「これこそ休日!」という思える休日を過ごしたいなら、プーケットで決まり!

 

プーケットの一人旅はこんな人がおすすめ!

こんな人がおすすめ

  • 昼はゆっくり!夜は飲み明かしたい!
  • 3日間くらいの短い休日を優雅に楽しみたい!
  • 欧米スタイルの休日を味わいたい!

一人旅というと「自分探し旅」みたいなイメージをしますが、プーケットの一人旅はどちらかというと「休日謳歌したい」と思っている人におすすめです。

昼はゆっくりビーチで音楽を聴いたり、読書したり、寝たり、そして気が向いたら綺麗な海で泳いだりと自由を味わいたい人はプーケットはうってつけの場所だと思います。

また、ビーチやバングラ通りは欧米人が非常に多いです。そのため欧米チックな休日の過ごし方に憧れを抱いている人もプーケットは満足できること間違いなし!

予算はどれくらい?

2泊3日現地で使うお金は…

5万円あれば十分楽しめます!

移動費や食費、あとはバングラ通りで思いっきり遊ぶことを考えたら、5万円あれば十分楽しめると思います。

実際、僕も2泊3日でプーケットに一人旅をしてきましたが、3万円くらいしか現地では使っていません。(夜は酒を飲み明かして、いろいろ遊んでも3万円くらい)

もちろん飛行機代やホテル代は別途掛かりますが、安い予算で休日を満喫できます。

 

プーケット一人旅 完全ガイド

これから僕が実際にプーケットに一人旅をした体験談をもとにプーケットで最大限楽しむ一人旅をガイドを紹介したいと思います!

ちなみに、僕がプーケットに一人旅しようと思った理由は…

「昼はゆっくり!夜は遊び狂う!」

こういう休日を過ごしたいと思ったからプーケットに行ってきました。

もし私と同じような休日を過ごしたいなら是非参考にしてください!

 

ホテルはどこあたりを予約した方がいい?

プーケットは有名なビーチがたくさんあり、そのそれぞれにホテルが立ち並んでいます。

そのため、プーケットのホテルを予約しようと思うと「どこのビーチ周辺のホテルがいいのかな?」と迷います。

ですが、私のように「夜はしっかり遊びたい!」という方ならパトンビーチ周辺がオススメです!

パトン周辺がおすすめな理由

  • バングラ通りが近い
  • パトンはプーケットで一番有名なビーチ
  • 他の有名ビーチへのアクセスも比較的良い
  • 日本人が比較的多い

パトンにはレストランやマッサージ、お土産屋、あとは遊び場と全てのものが集まっています。

そして何より「バングラ通り」が近く人が多いため、夜はすごい賑わいになります。

まさに外国人観光客のための街という感じです。

また他の有名ビーチ(カロンビーチやスリンビーチなど)へのアクセスも比較的良いので、ここを選んでおけば問題ないかと思います。

ちなみに僕はパトンビーチ周辺のホテルで、バングラ通りの隣にある「トロピカ バンガロー ホテル」に泊まりました。

 

パトン周辺のホテル比較サイトはコチラ

全世界270万軒の宿泊施設からプランを一括比較【ホテルズコンバインド】

 

空港からホテルまでの移動方法は?

移動方法は

ミニバス or タクシー

まずは予約したホテルに無料送迎サービスが付いているか確認してください!

確認した上でない場合は、バスかタクシーのどちらかで移動してください。

ミニバスとタクシーの乗り方に関してはこちらの記事をご参考下さい!

ちなみに僕は見知らぬ土地のうえに一人で不安があったので、タクシーでホテルまで向かいました。

金額は運賃800バーツ+チップ(50バーツ)を支払いました。

 

昼をゆっくり過ごしたいなら「カロンビーチ」がおすすめ!

もしあなたが昼は「ビーチチェアで寝ころびながら、音楽を聴いたり本読んだりしたい」ならカロンビーチがおすすめです。

カロンビーチはパトンビーチと比べて騒音もなく静かで海には遊覧船などの景観を崩すものもなく、エメラルドグリーンの海と白砂浜が広がっています。

なので、カロンビーチは「ゆっくり綺麗な海を眺めてくつろぎたい人向け」で有名なビーチで、別名「リラックス・ビーチ」と呼ばれています。

また、カロンビーチの砂浜は歩くと「キュッキュッ」と音がして、「鳴り砂」としても有名です。

僕も昼は綺麗な海を眺めながらゆっくりしたかったので、「カロンビーチ」に行きました。

 

パトンビーチからカロンビーチの行き方

おすすめの行き方

トゥクトゥクで行こう!

トゥクトゥク(小型タクシー)といえば、タイで有名な乗り物!

しかし、パトンで見かけるトゥクトゥクはトラックのような形をしています。

写真で見てももらうとわかるように窓付きのトラックの荷台に乗る感じです。なので、移動中は潮風が当たって気持ちいいです。

料金はパトンビーチからカロンビーチまで400バーツ程です。しかし、交渉次第では安くできると思います。

トゥクトゥクの乗り方ですが、まずは行き先を伝えて、料金交渉をしてOKなら出発という感じです。

もし同じ行き先の人と相乗りになれば、その分料金は安くなると思います。

 

カロンビーチでの楽しみ方

カロンビーチに着くと、たくさんのビーチチェアが並んでいます。

もしそれを使いたいなら、とんでもなく黒く焼けたおっさんがいるのでその人に頼んでください。そのおっさんにビーチチェアを指さしたら分かってくれると思います。

ビーチチェアの料金は一日300バーツです。ビーチチェアを借りるとビーチチェアが荷物置き場になるため結構便利です。

 

↓こちらがとんでもなく黒く焼けたおっさん(ポーチを付けているのが目印)↓

 

場所が確保できたら、

あとはとことんゆっくりしてください!

海はめちゃくちゃ綺麗です。

本当に澄んでいます。

水温も丁度良く、あまり深くないので結構長く浸かっておけます。

ただ、波は少し高いので注意してください。

砂浜も歩くと本当にキュッキュッって音がなります!

ビーチを最大限楽しむために準備しておいたほうがいいものを紹介します!

準備した方がいいもの

  • バスタオル
  • サングラス
  • イヤホン
  • 日焼け止め

バスタオルはビーチチェアに敷くために使います!

ビーチチェアを使っている多くの人がバスタオルを敷いていました。

バスタオルはホテルに置いてあるやつで十分です。

また意外と本は持ってきた方いいです。

ゆっくりすると言っても、正直、途中で暇になります。

僕も本を持って行ってなかったのですが、急遽kindleで本をダウンロードしました。

僕みたいに携帯で読むのもありですが、本で読むのがなんかリゾートっぽくていいと思います!

欧米人はほとんど本で読んでいました

綺麗な海を眺めながら音楽を聴くのも溜まんないです。

ちなみに僕はシンプル・プランの「Summer Paradise」を聞きながら浸っていました!

あとは瓶ビールを飲むと、もう最高な気分になります!

まさにこれこそ休みです!

また、ナッツ類はタイは安いので、是非食べてみてください!

コンビニに売っています。

 

注意

  • トイレやシャワー、更衣室は有料
  • コンビニのお酒販売は11:00~14:00のみ(※酒屋はいつでもOK)
  • 柄が多い海パンは意外と目立つ

トイレは有料

トイレは有料です。1回10バーツ程掛かります。

なので、細かいお金を持っておくと便利です。

また更衣室も有料なので、ホテルから海パンを履いていくのをオススメします。

昼のお酒販売は11:00~14:00

もしビーチでお酒を飲んでゆっくりしたいなら、お酒の購入できる時間を把握していた方がいいです。

カロンビーチ周辺にはたくさんのコンビニがあるのですが、コンビニはお酒の販売は昼だったら11:00~14:00の間のみです。

ただ酒屋はいつでも売ってくれているので、もし上記の時間外で酒を飲みたい場合は酒屋を探してください!

ちなみに男性の方は上半身裸で入店しても何も言われません。

柄つきパンツは目立つ

あと、柄つきの海パンは意外と目立ちます。

僕はこんな海パンで行ったのですが、正直こんなガラガラのを着ている人は少なかったです。

ビーチはほとんどが欧米人ばかりですが、欧米人はシンプルなデザインなパンツを着ている人が多いです。

もし周りが気になる人はシンプルな海パンを準備した方がいいと思います。

 

夕方はマッサージを受けよう!

タイと言えば、マッサージです!

日本と違って、かなり安い価格でマッサージを受けることができます。

パトンのFootマッサージの相場は1h180バーツ~300バーツほどです。

マッサージで注意してほしいのが、価格高いから良いマッサージというわけではありません。

こればかりはあなたとマッサージ師との相性です。

安くてもマッサージ師との相性が良かったら、十分満足できます。

僕も1h180バーツのパトン最安値のFootマッサージを受けましたが、これまで数多くのタイのマッサージを受けた中でまさかのそこが一番気持ちよかったです。

なので、パトンにはたくさんのマッサージがありますので、自分の直感でマッサージ店を選ぶことをおすすめします。

大雑把な提案で申し訳ありません。

ちなみに僕はタイ古式マッサージは痛いので、いつもFootマッサージを受けています。

 

夜はバングラ通りで遊び明かそう!

バングラ通りはまさに「眠らない街」です!

夜が更ければ更けるほど、人が多くなりめちゃくちゃな賑わいをみせます。

道は結構広いのですが、それでも人が多くて歩くことが困難になるくらいになります。

まさに「これぞ海外!!」って感じること間違いなしの場所です!

ここでは、普通に飲めるBARからLIVE MUSIC BAR、Hなお店まで様々なお店が立ち並んでいます。

路上ではマジックショーやダンスなど様々なパフォーマーがこの通りをさらに盛り上げてくれます。

なので、控えめにいって「最高です!」

 

でも、こういう場所でなかなか楽しむことができない人も多いと思います。

僕も最初は最初はそうでした。

特にアジア人は欧米人と比べてこういう場でも楽しみ方に慣れていないように感じます。

この通りでは過激なこともたくさん行われます。

そんな時、欧米人は盛り上がりを見せるのに対し、アジア系の人はどこか周りをうかがう感じ。

でも、ここでそれはもったいないです!

ここで楽しむコツは羞恥心を捨てることです!

それさえできればここが最高の遊び場と変わります!

そして、思いっきり楽しんでいると自然と欧米人から話しかけてくれます(笑)

僕は全く英語しゃべれませんが、ノリで済ませて楽しんでいました(笑)

どうせ一人です!なにかやらかしたって誰にも知られません!(笑)

欲望のまま遊びつくしましょう!

 

バングラ通りで最大限楽しむなら、「キャッシング付きのクレジットカード」を持っておくといいでしょう。

VisaかMasterのカードが各ATMで使えるので便利です。

キャッシングに抵抗ある人はこちらの記事をご覧なってください!

使い過ぎが恐い方はVisaプリペイドがおすすめ

また、こういう場所に来て使い過ぎを心配する方はVisaのプリペイドカードがおすすめです。

どのATMでもいつでも引き落としができ、その上レートが普通に両替所で換金するよりいいです。

またプリペイドなので、入金した金額までしか使えないので使いすぎる心配なし。

プレペイドカードを持っておけば、どこの国行っても使えるのでかなり便利です。

海外旅行をよく行く方や海外出張が多い方はおすすめです。

詳しくはこちらをご覧ください!
NEOMONEY

帰りはホテルにタクシーを頼もう!

帰りはホテルにタクシーをお願いするといいでしょう!

パトンからなら空港まで1時間かかります。

余裕を持った時間管理して、最後までプーケットを楽しみましょう!

 

プーケットの一人旅スケジュール

最後に僕のプーケットの一人旅のスケジュール(2泊3日)はこちら

金曜日 23時:プーケット到着

土曜日 9時:カロンビーチ移動

土曜日 ~16時:カロンビーチでくつろぐ

土曜日 17時:パトンビーチ周辺で夕食

土曜日 18時~19時:マッサージを受ける

土曜日 19時~24時:バングラ通りで遊ぶ

日曜日 9時:ホテルチェックアウト

参考までにどうぞ!

 

さいごに

どうですか?

僕ははじめての海外の一人旅がプーケットでしたが、控えめに言って「最高でした」

少しの休みができたら、また行きたいと思ってるくらい満足する休日を過ごせました。

あと、これを本記事を読んだら分かるように僕のプランは「男性」向けの一人旅になります。

もちろん、プーケットは世界的リゾート地なので海以外でも様々な楽しみ方があります。

例えば”シノポルトギース”という欧州風の建物が立ち並ぶエリアがあったり、女性には嬉しいスパがあったりと楽しみ方はたくさんあります!

一人旅を悩まれている方は是非プーケットに行ってみてください!

 

-タイ 観光地, タイ旅行

Copyright© まるちゃんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.